こんな効能や効果がラジウム温泉に
あります。

当サイトでは、ラジウム温泉が全国から探せますので、湯治に役立ちます。

全国のラジウム温泉と湯治の総合情報サイトです。

スポンサードリンク

【送料無料】今あるガンが消えていく食事

【送料無料】今あるガンが消えていく食事
価格:1,200円(税込、送料別)





【送料無料】今あるがんに勝つジュース

【送料無料】今あるがんに勝つジュース
価格:1,365円(税込、送料別)

北海道・東北

甲信越・北陸

関東

東海

関西

中国

四国

九州・沖縄

トップ>説明

主なラジウムの効能と効果について。

ここで記載している効能の症例については、当サイトがラジウム温泉などのサイトを調査して、得た情報です。これ以外にも、効能があるかもありませんので、各ラジウム温泉のサイトをなどをご覧ください。入浴、飲用、吸入などの方法があります。

また、現段階ではたくさんの報告があるのですが、医学的に証明されていません。今後の科学と医学の進歩が期待されます。

こういった症状に効能があると言われています。

スポンサードリンク

リューマチや胃腸の疾患、関節の症状や脊椎の症状、更年期障害などの内分泌系の症状、創傷、神経痛や神経炎などの神経に関する症状、自律神経失調症や精神的疲労、ノイローゼ、神経症の沈うつ型などの精神関連の症状、喘息や慢性気管支炎、皮膚疾患、がん疾、不妊症、肩こり、痔、うちみ、くじき、しもやけ、また腎臓病や肝臓病、心臓の疾患や動脈硬化症、痛風、歯周炎など、様々な症状に効能があるとされています。



補足とお願い。

ここに記載している効能については、医学的に証明されているものではありませんので、必ず医師の診察、相談を受けてください。また、各ラジウム温泉のサイトをよくご覧ください。当サイトに記載している症例が全てではありません。

どういった流れで効能を発揮するのでしょうか?

ここでは、ラジウム温泉が私たちの体にどいういった形で効能をもたらしてくれるのかをご説明します(次の章で、ラジウムとラドン、トロンなどについて詳しく解説しております)。

まず、ラジウム温泉からは、ラドンという気体(ガス)が発生していて、このラドンという気体を入浴中に呼吸により肺から吸収します。皮膚からも吸収されますが、大部分は呼吸により、肺から吸収することになります。そして血液に溶け込んだラドンが全身に運ばれます。ラドンから発せられる放射線により、治療効果が期待されています。実際に色々と効果があるといわれており、その実例は枚挙にいとまがないほどたくさんあるにもかかわらず、現時点では、科学的な解明が追いついていないのが現状のようです。

そういった現状から、当サイトでは効能や効果として挙げられている症例、症状を書かせていただいておりますが、断定的に血液中に溶け込んだラドンがこうなって、こうなるから効能が発揮されます。といった表現はしておりません。詳しくは各、ラジウム温泉のホームページをご覧ください。

では、ラジウムとは一体なんでしょう。ラドンやトロンとは関係があるのでしょうか?

まず、最初にラジウムというのは一体どういったものかについてご説明します。
地球上にはたくさんのウランが存在しています。もちろん自然の中にです。そのウランというのはとても重い、不安定な元素です。不安定な元素は、なんとか安定した形になろうとして、姿を変えようとします。これを壊変といいます。ウランが壊変すると、ラジウムになり、ラジウムが壊変するとラドンになり、さらに壊変を繰り返して、最終的に安定した鉛になって落ち着きます。

ラジウムが壊変してラドンになるとご説明しましたが、ラジウム温泉ではそのラドンという気体を、浴室や温泉にいるときに呼吸した際、体内に(血液中に)取り込みます。ラドンは別名 「ラジウム・エマナチオン」とも呼ばれています。

ラジウム温泉はいわゆる放射能泉です。放射能の意味は、自分自身で放射線を出す能力がある、という意味です。人間自身も放射線を微量ですが、出しています。ラジウム温泉ではラドンという形で体内に取り込んで放射線をだすという感じでしょうか。イオン化して人体から3時間ほどで抜け出すといわれています。ラドンはとても強力なイオン化作用をもっています。イオン化作用とは、物質に当たると、その物質にイオンを与える作用のことで、電離作用ともいわれます。 強い放射線ですが、体には蓄積されません。この壊変の際に放出されるアルファ線は強力な放射線で、治療効果が期待されています。

放射線の源はウラン、トリウムです。
ウラン238が壊変してラジウム226という固体になります。さらにラジウム226が壊変して不活性気体のラドン222となります。

そしてトリウム232が壊変するとラジウム224が生まれ、ラジウム224が壊変すると不活性気体のトロン(Rn-220) となるのですが、実際はラドンのことです。性質も同じです。ウラン系かトリウム系かの違いです。ウラン系のラドンはRn-222、トリウム系のトロンはRn-220で、質量数が2違うだけです。ちょっと難しく聞こえますが、ラドンもトロンも同じものだ、と考えていただいて差し支えないと思います。

つまり結論から言うと、ラジウム温泉の効能というのは。

ここまでご説明させていただきました、ラジウム温泉の効能をまとめますと、結論としてそれはラドン、トロンの効能ということです。

さらに、ラドン・トロンから発せられる、放射線の効能を目的とすることになります。ラジウム温泉・ラドン温泉・トロン温泉とは、すなわち放射能泉ということに帰結します。
トップページにも記載しましたが、お勧めは  北海道の二股ラジウム温泉、秋田県の玉川温泉、山梨県の増富温泉、鳥取県の三朝温泉などです。全国の温泉巡りにはエアアジアジャパンなどの格安航空会社を利用すると便利です。


当ラジウム温泉の湯治サイトは、2006年よりスタートしました。

あなたに合ったラジウム温泉が見つかると嬉しいです。ぜひ、湯治でお元気になってくださいね。

日本中のラジウム温泉の宿を掲載していますので、
湯治に行かれる際は、お役立てください。
© 2006-2014